« 正四面体の問題 | トップページ | 放物線の相似と平行移動 »

2007年9月11日 (火)

立体視のGRAPES

3DのGRAPESが新しくなった。
赤と青のめがねを使って立体視ができるようになったのだ。

今までは同じ立体ということがなかなか納得できなかったこともあるけれど、これを使ってみれば同じ立体だということがとてもよくわかる。

というわけで四面体の外接球のファイルを作ってみた。

Image


3D-GRAPESのファイルです「Sphere.gp3」
関連付けができてないときには右クリックで保存してから3D-GRAPESで開きます。
実行するためには3D-GRAPESの最新版「試作版1.23」が必要です。


« 正四面体の問題 | トップページ | 放物線の相似と平行移動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立体視のGRAPES:

« 正四面体の問題 | トップページ | 放物線の相似と平行移動 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック