« ぶたさんの目玉(その2) | トップページ | netの速さ »

2006年11月27日 (月)

三角比はいつから?

三角比は一定の半径の円における中心角に対する弦と弧の長さの関係を調べるものとしてみるなら、ギリシャ時代からあったらしい。(Wikipedia
図形の相似を考えるというのはギリシャではユークリッド幾何学が盛んだったことも考えるとすごく納得も出来る。

が、今のような正弦余弦といった使い方が出来るようになったのは17世紀から・・・・

熟成するのにかかったこれだけ長い時間を一瞬でやってしまうのが授業。
何人もの数学者がああでもない、こうでもないと考え続けた結果を利用している高校生・・・考えてみるとすごいことだ。

« ぶたさんの目玉(その2) | トップページ | netの速さ »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三角比はいつから?:

« ぶたさんの目玉(その2) | トップページ | netの速さ »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック