« ただいま準備中 | トップページ | 放物線の最大最小 »

2006年10月 3日 (火)

最小の最大なのだ

教科書が変わる前までは教科書の章末もんだに必ずと言っていいほどあった「最小値の最大値」の問題。Apophysis06091733
どうしても理解できなくて怒り出した生徒がいた。
何しろ回りの生徒は理解しているのに彼だけが理解できなかったのだ。(決して特に数学ができない生徒ではなかったのに)

それでもがむしゃらに毎日のように同じ問題を持って質問に来ていた彼は2年たったら学年のトップクラスにいた。
この問題をやるたびに彼のことを思い出す。

せめてクラスの半分が、彼の半分の努力をしていればずいぶん違うだろうになぁ・・・

« ただいま準備中 | トップページ | 放物線の最大最小 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最小の最大なのだ:

« ただいま準備中 | トップページ | 放物線の最大最小 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック