« 食塩の濃度 | トップページ | レーザーマウス »

2006年9月13日 (水)

確率の難しさ

数学のほかの分野と違って、個数の処理(順列、組合せ)や確率は得意な人と得意でない人の差がすごくある。Apophysis06083061


得意でない人には基本的な問題をじっくりやることで考え方をマスターできるし、考え方をマスターできれば応用問題であっても理解しながら解くことが出来る。

ところが授業で要求されるのは今までやったことを下敷きにしてもう一歩進んだ部分だからどうしても苦手な人はますます苦手になる。

かといって苦手な人に照準を合わせて授業をやれば得意な人にはあまりに物足りない。
というわけで実際の授業は得意な人にも苦手な人にも不十分な内容になる・・・・
何とかできないのだろうかと毎年のように悩むけれど、「これだ」という解決方法はどこを捜しても見つからないし、自分でも見出せずにいる。
こまったものだ。

« 食塩の濃度 | トップページ | レーザーマウス »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 確率の難しさ:

« 食塩の濃度 | トップページ | レーザーマウス »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック