« 何に目がないのかその1--驚異の深海生物(11) | トップページ | 深いと目がない--驚異の深海生物(12) »

2006年7月31日 (月)

梅雨明け

例年だと梅雨前線が北に上がって梅雨が明けるのだが、今年は「消滅型」なのだという。Apophysis06070537
この「消滅型」だと梅雨があけても不安定な天気が続きやすいのだとか・・・
余り暑くなくて過ごしやすいのはありがたいけれど、それはそれで農作物が心配になる。

« 何に目がないのかその1--驚異の深海生物(11) | トップページ | 深いと目がない--驚異の深海生物(12) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨明け:

« 何に目がないのかその1--驚異の深海生物(11) | トップページ | 深いと目がない--驚異の深海生物(12) »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック