« 一定の順番で | トップページ | 携帯の使用時間 »

2006年7月 6日 (木)

岐路

野球をやっている生徒にとって、夢は甲子園。Apophysis0607052その甲子園への道もひとつ間違うとこんな事になりかねない。
体育館裏の18.44メートル

 3年前の夏、田淵は中学軟式野球の日本選抜チームに選ばれ、渡米した。10日ほどの滞在中、日の丸と「JAPAN」の文字が左胸に入ったユニホームを着て、ダイヤモンドを駆け回った。  野球の本場で、大リーグの試合も観戦した。思い切りのいいスイング、野手のファインプレーに胸をときめかせた。興奮する観客のなか、そこでプレーする自分の姿を思い描いた。  名だたる強豪校からスポーツ推薦の誘いが来ていた。

このときには甲子園が手の届くところにあったはずだが、

 04年春、東東京大会で準優勝したこともある二松学舎大付に入学した。しかし、自宅のある小金井市から千葉県の練習場に行くのに、始発電車でも早朝の集合時間に間に合わないことがあった。甲子園への近道を選んだはずだったが、半年後、その夢をあきらめた。

努力してかなう夢と努力してもかなわない夢・・・・努力すれば手の届くところにあるだけ幸せなんだろうなぁ・・・

« 一定の順番で | トップページ | 携帯の使用時間 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岐路:

« 一定の順番で | トップページ | 携帯の使用時間 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック