« スピーチコンテスト | トップページ | やっぱり »

2006年6月22日 (木)

小さな骨の動物園

Gomi_3

銀座のINAXギャラリーで行われている「小さな骨の動物園展

普段食べなれている魚の骨ならいざ知らず、動物の骨と聞くとどこか殺伐とした無機的なものがあるような気がしてくるのだが、この小さな骨の動物園展ではそんな感じはほとんどしなかった。


本展では、身近な動物の骨の美しさや面白さを紹介しながら、生態ごとにあらわれた機能やデザインの違いなど様々な視点から骨の魅力を考察します。

という言葉の通り、特に珍しい骨があったり、いろいろな種類の標本があったりするわけではないけれど、博物館の骨格の標本と違って、どこかしら表情のある骨や生前の姿を髣髴とさせるような小さな骨が狭い会場いっぱいに展示してあってどこかほのぼのとした雰囲気が漂っていた。

博物学的にはそれこそ科学博物館のほうがずっといいのかもしれないけれど、「標本」という大上段に構えたイメージではなく、生きているときにはすぐそばにいた動物たちのもうひとつの姿とでもいう感じだろうか、とても距離が近い感じがした。派手でもないし、多分学術的な価値もあまりないのかもしれないけれどこういうのもまたいいな。


« スピーチコンテスト | トップページ | やっぱり »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小さな骨の動物園:

« スピーチコンテスト | トップページ | やっぱり »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック