« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

暗合

先日も書いたけれど、モーツアルトのレクイエムを聞きに行く。Apophysis060604292さっきそのニュースが入ったところだが、そのちょうど同じ時、私にとっての人生の岐路に立ち会ってくださった方のお通夜がある。
話をしたことは何度もないけれど、そのときの彼の判断がなければ今の私もない。

彼のことを想いながらのモーツアルトになりそうだ。
ありがとう、満男ちゃん、そして安らかにねむってください。

が・・・それにしても・・・レクイエムを聞きに行こうとすると死者を悼むことになるのであれば、「愛の歌」とか何とかを聞きに行くと・・・?

四国を覚えよう Part2

四国のFlashをもう一つ作ってみた。
まだまだ無駄が多いのでこのままでは全国版にはできないけど。


大き目の画面はこちらから


2006年6月29日 (木)

レクイエム

週末にコーラスをやっている友達と他のコーラスをやっている友達が出る合唱のコンサートでやる曲。Apophysis06060499アマチュアの合唱団だけど、年に二回の定期演奏会はもう100回を越えていて、東京芸術劇場でやるだけのことはある内容だから楽しみ。
今回はパイプオルガンも演奏されるし・・・

で、予習というわけではないけれどモーツアルトの「レクイエム」を借りてきて聞いてみた。所々知っている部分はあるけれど、やっぱり合唱曲は苦手(^^;

モーツァルト:レクイエム
ベーム(カール) モーツァルト ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
B00005Q7R7

2006年6月28日 (水)

四国の県名

こんなflashを作ってもそれだけでは何の役にも立たないのだが・・・
とりあえずこれで四国の県名は覚えられた・・・・

大きくするにはこちらから「0628002.swf」


行事の曜日

学校行事が同じ曜日に重なっていると学期末になると大変だApophysis06060481数学などは週に何度もあるから何とかがんばってつじつまあわせができるけれど、週に一回しかない教科が重なると休みなしに授業ができているクラスとの兼ね合いが取れなくなる。
毎日のようにある数学ですら、あるクラスは時間が余り他のクラスは試験までに終わらせることが危なかったりするのに・・・
行事を決めるときには特定の曜日に集中しないようにして欲しいものだが難しいのかなぁ?

2006年6月27日 (火)

もうすぐ・・・

「もうすぐ夏休み」Apophysis06060480といった瞬間に
「うぉ~~」という喜びの声が教室から沸き起こった。
やっぱりみんな夏休みが待ち遠しいのだ。

が、
「もうすぐ期末試験」・・・・いっせいにため息?
教室がシーンとなる。
期末試験が終わらないと夏休みは来ないんだけど・・・

誘拐

誘拐された21歳の女子大生が無事に解放されて犯人が捕まったというニュースが今朝流れた。Apophysis06060468金持ちだからということはもちろんあるだろうけれど子どもでもないのに誘拐されるというのは決して別世界の話ではない。
直接生徒が誘拐されたとか誘拐されそうになったという話は聞いたことがないが、他の高校の生徒が車に無理やり乗せられそうになったという話を聞いたこともある。子どもじゃないからと言って安心はできない世の中・・・・怖い。

2006年6月26日 (月)

あと一週間

一学期の授業も後わずか。
Apophysis06060463
夏休みの前には期末試験もあるけれど、教室でおしゃべりを聞いていると気分はもう試験休み。
その時期にこっちは一番忙しいのになぁ・・・

だからと言って試験前が暇かというと、そんなことはあろうはずもなく明日ももう約束が入っている。

2006年6月25日 (日)

【数学A】同じものを含む順列

前の記事の続き。
こっちは同じものを含む順列のFlash

同じものを含む順列

2006年6月24日 (土)

【数学A】組分けの問題

6人の人を2人ずつA,B,Cの3組に分けるのと2人ずつ区別のない3組に分ける場合の違いをFLASHにしてみた。
まだまだ改良の余地はあるけれど、とりあえずこれで授業をやる。

組分けの問題

2006年6月23日 (金)

試験範囲

とりあえず、一クラスそれも1教科Apophysis06060460
だけは終わったかも。
本当は試験範囲がぎりぎりで終わるほうが一年の終わりになって余裕があっていいということはわかっているのだが、いざそういう状況になりそうになると結局試験範囲を短くしてしまう。

一年を通じてみれば必ずしもいいことではないのだが・・・

やっぱり

まけちゃったなぁ・・・
Apophysis06060454
まあ、相手がブラジルじゃしょうがないか・・・

2006年6月22日 (木)

小さな骨の動物園

Gomi_3

銀座のINAXギャラリーで行われている「小さな骨の動物園展

普段食べなれている魚の骨ならいざ知らず、動物の骨と聞くとどこか殺伐とした無機的なものがあるような気がしてくるのだが、この小さな骨の動物園展ではそんな感じはほとんどしなかった。


本展では、身近な動物の骨の美しさや面白さを紹介しながら、生態ごとにあらわれた機能やデザインの違いなど様々な視点から骨の魅力を考察します。

という言葉の通り、特に珍しい骨があったり、いろいろな種類の標本があったりするわけではないけれど、博物館の骨格の標本と違って、どこかしら表情のある骨や生前の姿を髣髴とさせるような小さな骨が狭い会場いっぱいに展示してあってどこかほのぼのとした雰囲気が漂っていた。

博物学的にはそれこそ科学博物館のほうがずっといいのかもしれないけれど、「標本」という大上段に構えたイメージではなく、生きているときにはすぐそばにいた動物たちのもうひとつの姿とでもいう感じだろうか、とても距離が近い感じがした。派手でもないし、多分学術的な価値もあまりないのかもしれないけれどこういうのもまたいいな。


2006年6月21日 (水)

スピーチコンテスト

学校のスピーチコンテストの後で審査員をしていた人と話をした。Apophysis06060426_2
年々スピーチのレベルが上がってきていること。優勝者は飛びぬけてうまかったけれど、もし彼がいなければ他のほとんどは甲乙つけがたいほどうまかったのだそうだ。
最初のうちは場内もうるさくて、初めのほうの出場者はきつかっただろうなんていうことを言っていた。

質問会

今日は質問会の日.Apophysis06060452
質問があるとすれば間違いなく順列組合せのところか絶対値のところ.特に順列組合せは教科書で取り上げるのは最初で最後だから問題も受験レベルの難しいのがたくさんある.仕方がないんだろうなぁ

2006年6月20日 (火)

Flash作成中

久しぶりに授業でプロジェクタを使ってみようかと思案中。Apophysis06060450
何をするかは決まっているけれど、コンテンツがまだで来てない・・・間に合うだろうか・・・

2006年6月19日 (月)

個数の処理

体育祭も終わって、生徒も教員もそろそろ期末試験の準備Apophysis06060449
今回の試験範囲は個数の処理なのだが、この分野はわかる人には簡単すぎるしわからない人にとってはマスターするまでがなかなか大変だったりする。

いろいろな問題を見て、その問題の本質がどこにあるのかを見極める力を要求されるのだが、それがわかると難しくないんだけどなぁ・・・

2006年6月18日 (日)

雨が降ってる

昨日、
「先生、明日見に来てくださいよ」といわれたので、
Apophysis06060433
「だって明日雨だよ」と答えたら
「雨でもあるから来てください」
「傘ささなきゃならないじゃないか」と答えたら
「それでも来てよ」
「だって雨だよ」精一杯の抵抗・・・
「雨のほうが涼しくていいですよ」
「負ける試合だったらやだ!」なんて言ったもんだから
「勝つに決まってるじゃないですか!!来てよ!!!」
と怒られてしまった・・・

というわけで今日は土砂降りの雨の中をかさをさして観戦(ーー;)

2006年6月17日 (土)

普段と違う自分

文化祭や体育祭ではいい意味でも悪い意味でも普段と違う姿がそこにある。Apophysis06060429

普段見ることができない姿なだけにとても貴重な時間・・・・この時間を大切にしたい。

2006年6月15日 (木)

見えるとおりに

「あるがままに」ではなく、「みえるとおりに」を追い求めながら作られたのがアルベルト・ジャコメッティの彫刻。Apophysis06060428正面から見るとほとんど厚さがないのに、斜めや横から見ると豊かな表情があらわれてくるジャコメッティの彫刻(彫ってないから彫刻とはいわない?)はジャコメッティが「見えるがままに」描くという理想を追い求めている過程なのだ.

自然科学の世界ではあるがままのリアリティを追い求めるけれどジャコメッティは現実がどうあれ、かれの目にうつる・・・心の流れとともにうつろいゆく心の目で見た・・・「みえるまま」を追い求めたのだ。

たった一つでも反例があれば「真」ではないという数学とは対極のところにあるように見えるけれど、実はずっと深いところでつながっているような気がする。

ケルンコンサート

大好きな一枚Apophysis06060426
何も付け加えるようなことはないような気もするけれど、どんなに疲れていても、疲れているからこそ聞きたい一枚。
ザ・ケルン・コンサート
キース・ジャレット
B00005MMGN

2006年6月13日 (火)

なんで?

もっと攻撃的になればいいのになぁApophysis06060421
試合運びが悪くなると何の試合を見ていてもそう思う・・・
でももしかしたらこれが実力なのかも。

2006年6月12日 (月)

みみず

体長30cm、太さが小指ほどもある大きなミミズを見た。Apophysis06060420
嫌いな人は見たくもないだろうから、見てみたいと思う人だけどうぞ

ミミズの動画

2006年6月11日 (日)

現展

友達が現展に入選したらしい。Apophysis06060417
「らしい」というのは「見に来ないか」と入場券を送ってきたから多分入選したんだろうと思っているだけなのだが、草でなければ普通は送ってこない・・・と思う。
絵を描いて食べていくのは至難の業だし、この友達も他の仕事をしながら絵を描き続けている。たとえそうであっても、一生の仕事として続けていけるのはうらやましい。

2006年6月10日 (土)

授業参観

授業参観があるとしーんとするクラスと大騒ぎになるクラスがある。Apophysis06060416
静かすぎて無反応なのもやりにくいけれど、大騒ぎになるのは・・・・・
いつもこんなだと思われないかとひやひやする・・・・

順列の基本

4つの色を使って地図を塗り分けてみよう・・・
Apophysis0606048

と言っても4色問題ではなくて、順列の基本の作図。
この図を使っていろいろなことを考えていく・・・・予定。

「0610001.swf」です。クリックすると移動します。


ファイルサイズが大きいので、埋め込みではなくリンクにしました。

2006年6月 9日 (金)

携帯

そろそろ電池切れが早くなってきたので買い時かなぁ
Apophysis0606046

一日使っただけで電池が切れてしまった∥-_-∥

もうちょっと写真が使い物になって、netがちょっとできればいいだけなんだけど、探すのも面倒な気がする・・

2006年6月 8日 (木)

メンテナンス中

今日の夕方までは書き込みができないんだそうだ。
これは書けるかな?

2006年6月 7日 (水)

模試の監督

何が嫌いと言って、一日中模試の監督をすることほどいやなことはない。Apophysis0606045_1

普段の授業なら、いろいろなことを話したり、書いたりといった動きがあるけれど、模試の時にはじっとたっているだけ・・・
それも目はしっかり教室の中をみていなければならない。

歩くスペースがあればせっせと歩きたいところだが、一生懸命に問題を解いている邪魔になるといけないと思うとそうそうは歩けない。

だから、気持ちよく寝ているのを見ると本当にうらやましい。

絶対値の不等式

絶対値だからということはないんだろうけれど、

  Mimetex_2

を解くときに

  Mimetex2_1

と書く人が後を絶たない_| ̄|○

  Mimetex2_1
って
Mimetex3_2かつMimetex4の意味だからまるっきり違っちゃうんだけどなぁ・・・


2006年6月 6日 (火)

集合の共通部分

数学的にはこんなものを作っても余り意味がないのだけれど、アニメーションの作り方を勉強したくて、こんなものを作ってみた。
ちょっと重くなるのが玉に瑕だけれど・・

2006年6月 5日 (月)

思うように動かない

昨夜は記事を書いてアップしようとしたら、いつまでたっても反映されず、最後にはエラーがでて記事が消えてしまったApophysis0606045
実際にはずっと後になって記事が反映されていることがわかったけれど、その時点では20分、30分たっても記事が出てこないからせっかく書いたのに消えてしまったものと思って怒りに任せて「記事が出ない」という記事を書いたのだが・・・・

これももちろん反映されない・・・・「これも消えてしまったかぁ」としゃくだからさらにもうひとつ。
ところがしばらくしてみると3つともちゃんとアップされている。
あわててひとつは消そうとした(現時点では消してある)が消そうとしても、これまた削除画面にも移動してもくれない。

結局消したのは朝になってから。

よけいなことをしなければいいのかもしれないけれど、反映されないと不安。
このココログの重さはいくつかあるココログのどのコースを取っても同じだから、時々他のblogに移動しようかとも思う。

ただ、どのblogでもスパムトラックバックとスパムコメントをどうやって撃退するかが最大の課題。それを考えるとココログがいいかなぁと思うのだが・・・

2006年6月 4日 (日)

記事が消えた

さっき書いた記事がアップできないで消えてしまった・・・
ショック!!!

数を数える

以前、アイザックアシモフの自伝を呼んでいてすごく共感した部分に「貨物列車が通ると条件反射で何両あるか数えている」というのがある。Apophysis0606044


駅などでぼぉーっと見ているときに貨物列車が通ると間違いなく数えている。子どものころはもっと長い貨物列車が多かったような気がするけれど、最近は貨物列車自体を見ることも少なくなっているのがちょっと残念。

が、最近知ったこと。たとえ数学の人であっても、そんなことをする人は決して多くないのだ。
「えっ、そんなことしたことありませんよ」とあっさりとあきれられてしまったりもする。

みんなは駅などで人を待っているとき、外にいてすることがないときなどは通る人の数を数えたり、車の台数を数えたりしないんだろうか?

育っていく

今日の午前中は自治会の清掃Apophysis06042098初夏の気候の中、雑草が生い茂っている・・・・大変だろうなぁ

が、雑草が生い茂っているということは自然が育っていること。
たくさんの雑草が目立たない花をつけて、一生懸命生きていると思うとちょっとかわいそうな気もするけれど・・・・

単に草取りがいやなだけかも(笑)

一緒に勉強

普段は何かを勉強しようとしても一人でやることがほとんど。
若いころは良く他の人と勉強したのだが、最近ではすっかり同じことを勉強するチャンスがなくなってしまっている。

久しぶりに、同僚とFLASHを「ああでもない、こうでもない」と話しながら同僚が作るのを手伝っていた(横からけちをつけていただけという説もあるが却下)のだが、こうやって一緒に何かを作る楽しさを久しぶりに味わうことができた。

それにしてもFLASHをもうちょっと勉強して、けちをつけるだけじゃなくて、もっと建設的なことが言えるようになりたいなぁ・・・

2006年6月 3日 (土)

書いてないなぁ

忙しいわけじゃないけれど、書いてないなぁ・・・
Apophysis06042097
ずっと前に買ったFLASHをものにしたいと思って本を読み始めているけれど、やりとおせるかなぁ

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック